お知らせ >楽団あぶあぶあ第36回定期演奏会 &ミュージカルチームLOVE ご挨拶 


永遠の絆、みなさまとともにあってこそ



“私たちは仲間に出会い、楽しみながら絶え間ない練習を繰り返し、コンサートごとに「音楽で人々をしあわせにできる」しあわせを実感し、さらに努力を積み重ねてきました。そして「自分を信じる」ことが出来るようになったと思います。

楽しい日々でした。仲間を信じ、自分を信じ、努力をし、しあわせの渦を生み出す作品と舞台が生み出せました。このしあわせは、しあわせを分かち合って下さった皆さまのおかげ、よろこびながら支え続けてくださったご家族の皆さまのおかげ、いつも一緒にいてくれるスタッフのおかげです。

ありがとうございます。どうぞこの先も、許される限りゆっくりとお付き合いください。よろしく お願いいたします。 感謝の気持ちを込めて”

 今年8月26日の朝、グループを結成し主宰して参りました東野洋子が天に召されました。このメッセージが、これまで応援してくださってきたみなさま、仲間、家族のみなさん、そしてスタッフのみなさんへの最後の言葉になりました。

   皆さまとメンバーらが一つになって織りなす“心のハーモニー”は東野の大きな喜びであり、メンバーと世界中の人たちとの嬉しい出会いは、この世の平安を願う彼女のこの上ない幸せでした。ふりかえれば“楽団あぶあぶあ”は結成して35年、“ミュージカルチームLOVE”も25年、この間音楽を通して世界中のたくさんの人々との出会いを導いてくれました、“人を受け容れること”、“自分を大切にすること”、私たち一人ひとりにとても大切なことを気づかせてくれました。25年前に初めてであった仲間たち、第36回定期演奏会ではこの壮大な歩みをみなさまと一緒にタイムスリップし、ここちよいひとときを楽しみたいと思います。

2017年10月
感謝の気持ちを込めて   

水本 誠(みずもと せい)