演奏会のたびに毎回同じ障害を持つ仲間や小さな観客のみなさんと舞台で一緒に歌って楽しんでいます  abuabua logo   
  お知らせ >楽団あぶあぶあ & ミュージカルチームLOVE定期公演 


 lastUpdate: 2004.03.24


楽団あぶあぶあ & ミュージカルチームLOVE定期公演

開催日:2003年09月07日(日)
主催: 楽団あぶあぶあ&ミュージカルチームLOVE
協催: 神戸市立 東灘区民センター
場所: 神戸市立 東灘区民センター「うはらホール」


大変遅くなりました。当日の写真集やLOVEの解説です。

楽団あぶあぶあ 第22回定期演奏会
曲目紹介
楽団あぶあぶあ演奏写真集
ミュージカル「LOVE & HEART」
ミュージカル「LOVE & HEART」舞台内容と解説
ミュージカル写真集
リハーサル風景
幕間の舞台

プログラム

13:00記録映画上映・・「おりおりの素顔」制作:山田吉男
13:10楽団あぶあぶあコンサート
演奏:楽団あぶあぶあ & 水本 誠
友情出演:コーラスグループ「はづき」、夢さきの家「花夢」のみなさん
14:00休憩(15分)
14:15ミュージカルLOVE&HEART



お礼の気持ちにかえて
本日はお越しくださって、ありがとうございました。
思えば、夢のようです。22年前、1回目の定期演奏会では、合奏曲のレパートリーは、たった1曲でした。それでも100人を越える皆さんが集まってくださいました。家族、養護学校時代の先生・友人たち、障害児医療、療育でお世話になった先生方、それに、ご近所の方々までも。嬉しかった・・


初めての演奏会で、始めたばかりのつたない演奏を喜んでいただいて、夢がふくらむ思いの一日でした。プレーヤー一人ひとりの存在を喜んでくださる人たちがこんなにたくさんおられるということを、あらためて知りました。そして、皆さんを通して、プレーヤーたちは自分を見直し、ゆっくりと子ども時代に別れを告げつつ、次の人生が始まって行ったように思います。

続いて二回目のコンサートは、民放テレビ局の主催による街頭でのチャリティーコンサート。通りかかった見知らぬ人たちが、特設ステージで演奏する私たちを、人垣を作って聴き入ってくださいました。演奏が終わると、観客の皆さんは難民の子たちのために募金し、私たちには「ありがとう、頑張ってね」と、声をかけてくださいました。見知らぬ人々の「ありがとう」という言葉を受けたこの時から、私たちは”音楽を通して人の幸せに役立てる”という自覚を少しずつ持ち始めました。

夢の始まり・・あれから22年。内外で開いたコンサートは160回を越え、延べ8万人を越える人々と”出会いの喜び”を分かち合うことが出来ました。私たちは、人と人が出会う喜びを少しずつ深める人生を歩んで来れました。けれども、今 世界のあちらこちらでは、テロや戦争が次々と起こっています。最近のあぶあぶあやミュージカルの練習の時、しばしば この話題になります。プレーヤーたちは「戦争は絶対にダメです」「皆 死んでしまうから・・」と。止められないのだろうか、私たちは何をしたらいいのだろう? 何かできないのだろうか?

そして、結論はいつもひとつ。「私たちには友情がある」「コンサートをしよう」、友情でみんながつながるコンサートをしよう、世界中の人に会いたい。プレーヤーたちのこの夢は、人々が新しい信頼と平和を作り出すのに、大切な働きになると思います。少しずつ小さな営みを重ねて、この夢をかなえたく思います。

コツコツ日々の練習の楽しさを大切に、夢に向かって進んで行きたいと思います。どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

ミュージカルチームLOVEを代表して
ひがしの ようこ



GoBack