演奏会のたびに毎回同じ障害を持つ仲間や小さな観客のみなさんと舞台で一緒に歌って楽しんでいます  abuabua logo   
  お知らせ >ミュージカルチームLove 公演 in 「大阪府立看護大学看護学部10周年記念式典」 


 lastUpdate: 2002.12.01


ミュージカルチームLove公演

in 大阪府立看護大学看護学部10周年記念式典

開催日:2003年06月27日(金)
主催: 大阪府立看護大学
場所: 大阪府立看護大学 講堂


大勢の皆さまのご来場ありがとうございました。当日の写真集です。

ミュージカル「LOVE & HEART」シーンの流れ
写真集1
写真集2
写真集3
大きな画像集


プログラム

14:00開式
学長挨拶
知事挨拶
来賓挨拶
感謝状授与
14:40公演
ミュージカルチームLOVE
「Love&Heart」
15:40休憩(10分)
15:50講演
日野原 重明氏(聖路加看護大学名誉学長)
「これからの看護に期待されるもの」



大阪府立看護大学・看護学部10周年記念式典によせて
全員が一列に並んで両手を広げるシーンを生み出すのに3年の月日が流れます。創作は、プレーヤー自身による話し合いによってゆっくりと進められています。話すことの苦手な仲間からは、身ぶり手ぶり、まなざしを通して”心のことば”を聞きとりあって少しづつ創られてきました。

♪聞こえる心のささやき、優しいあなたのまなざし・・・この歌も長い年月をかけた練習の中から、プレーヤーたちの言葉を歌詞にして生まれてきました。

『人生は友情ですよ』とプレーヤーたちが言います。彼らのステージは、彼ら自身の絶え間ない練習の賜です。”音を重ね、歌声を重ねる日々は心を重ねあう日々”になってゆきました。人の幸せと自分の幸せを重ねて喜びあうプレーヤーたらの人柄、そんな彼らを私は誇りに思います。

彼らの充実した人生は親御さんをはじめ、育ててくださったたくさんの皆さんのお蔭です。ハンディをもっていても大人となった今、自分の持っている力を使って、社会の一員として活動を続けています。みんなの夢は幸せを願う世界中の人々の心と重なっていくことです。

この公演を”障害をもつ人たちのステージ”としてではなく、音楽好きな勤労青年たらのステージ、愛を受けて育ち、平和を願いあう現代人のメッセージとして受け止めていたてだけたら・・・

どうぞ皆さんもプレーヤーたちに心と歌声を重ねてお楽しみください。

ミュージカルチームLOVEを代表して
ひがしの ようこ



GoBack